読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3D CADを使って設計する

 フィラメントも用意できたので、

我が家に3Dプリンターがやってきたブログらしく

早速フクロウとか飛車の駒でも印刷すれば良いのだろうけど、

データから作る

3D CADを使うのだ

 

3D CADは何を使うかというと

フリーで、日本語で、STLで出力できて使いやすくて・・・とか

条件を全部満たすものといえば「Fusion360」一択

兎に角インストールしなきゃ始まらない

 

使うPCだってノートでOK 

メモリくらいは積めるだけ積んどいても良い

ノートPCのグラボでもグラフィックは適当に合わせてくれる

 

使い方はどんな3D CADでもたぶん同じで

起動したら画面右上のキューブの「上」って面を選択して

「スケッチ」を押せば製図の画面になる

f:id:feynman_air:20151231153124j:plain

あとはPowerpointと同じように四角描いたり丸描いたりするのだが

何が3D CADなのかと言えば

「押し出し」をして厚みを作ることができること

これで立体を作ることができる

あとは押し出しでできた横の面にもスケッチを描いて

更に押し出したり穴をあけたりを繰り返すだけ

あとはさわってればきっとわかる

 

画面は5mm厚のスペーサーを作ってみたところ

次回で3Dプリント

 

 

 

AFINIA(アフィニア) H800 3Dプリンタ

AFINIA(アフィニア) H800 3Dプリンタ