読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロボットアニメのテーマソング ジェネレーター V1.0

近年のロボットバトルってなんであんなにガチガチのレギュレーションで

初心者も常連だった人も遠ざけるようなルールなんだ

 

そもそも僕が好きなロボットってのはこうなんだよみたいな思いで

スタバで冷たいコーヒーフラペチーノを飲みながら

基本のスクリプトを作ったのがはじまり

ロボットアニメのテーマソング ジェネレーター

冷たいコーヒーフラペチーノ・・・あれから2か月近く

語彙と言うか単語と言うか変数というかを増やしてシンタックス直しての毎日

 

もうポエム書いてんのかjavascriptがポエムなのか

わからなくなってきたのでバージョン1.0として一旦切っとく。

ƒƒ{ƒbƒgƒAƒjƒ•—ƒe[ƒ}ƒ\ƒ“ƒO ƒWƒFƒlƒŒ[ƒ^[

f:id:feynman_air:20151021222739j:plain

使い方

自分のロボットの名前とサブタイトルを入力して

作詞ボタンをクリックするだけ

(クリックする度に更新されるのとSafariじゃ表示できないかも)

 

機械獣 メカコーギー とか

夫婦合体 ガルキット みたいな感じ

 

もしもロボットを持っていなくても名前が決まっていなくてもOK

作詞をクリックするだけで

濁点いっぱいの巨大ロボットっぽい名前が生成されます。

中には商標登録されていような名前も生成されるかも知れませんが

サブタイトルとセットならまずかぶらないでしょう。

詩は

Aメロ 1番

Aメロ 2番

 

Bメロ 1番

Bメロ 2番

 

Cメロ(サビ) 1番

Cメロ(サビ) 2番 のように生成されます。

 

深夜アニメ調のアニソンであれば

Cメロ(サビ) 1番 +ストリングス多用のイントロで

Aメロ 1番

Bメロ 1番(ここで転調)

Cメロ(サビ) 1番 

間奏(ここで転調)

Aメロ 2番

Bメロ 2番(ここで転調)

Cメロ(サビ) 2番

Dメロ(間奏)+転調+メタルっぽいギターソロかピアノソロが効果的

Cメロ(サビ) 1番 

Cメロ(サビ) 2番

 のように並べてくとそれっぽくなります。

曲が書けないという人、楽器がひけない人は

CUBASEのコードアシスタントみたいな機能を使うと

簡単にカノンコードな曲が完成します。

 

本来の歌詩というのは言葉自体にリズムがあるもので

歌い手の声がよくとおるようにi母音で終わらない

伸びのある言葉を選ぶものですが

あえて自動という方法で実験しています。

 

明日からまじめにロボットを作ろう